Whistler & Blackcomb

Whistler & Blackcomb 冬もいいけど、夏もやっぱり気持ちいい♪ カナダに行ったらどうしても行きたい場所の一つです。

場所

アクセス方法

  • バンクーバー空港からバス(YVR Sky Lynx、Whistler Express)
  • ダウンタウンからバス(Greyhound

人生初のGreyhound

人生3回目のウィスラー行きは、バンクーバーのダウンタウンからGreyhoundのバスに乗って移動することにしました。

まずはチケットの予約。自分のチケットの予約は緊張しないけど、子どものチケットの予約となるとちょっとドキドキ。

Greyhoundの公式HPから簡単に予約でき、当日窓口で買うよりも結構割引があるのでオンライン予約がオススメです。

ダウンタウンからバスディーボまでの移動

Waterfront駅からエキスポラインに乗って4つ目の駅、Main Street-Scienece World駅がバスディーボの最寄り駅です。 エキスポラインの車両から降りた時に気づいたんですが、車両とホームの間の隙間がわずか数cm!

さらに段差がほとんどありませんでした。こういう優しさって大事!

Main Street-Scienece World駅を降りて公園の方に歩けばすぐにバスディーボに到着します。 旅の始まりを強烈に感じることができるバスディーボ。出発間際のこの瞬間が大好きです。 ウィスラー行きのバスは6番乗り場から出発します。

車内は冷房がガンガンに効いていたので僕たちは長袖を羽織っていましたが、周りの皆さんは半袖、半パン。

毎度毎度の事ながら外人さんの皮膚感覚ってどうなってるんやろうと不思議に思います。

いざ、ウィスラーマウンテンへ

夏場はMTBを楽しむ人でいっぱいのゴンドラ乗り場。チケットを買っていざ出陣! ゴンドラの乗車時間は約25分!!!さすがは北米No.1リゾート、日本やったら2つ3つ隣のスキー場まで行っちゃうんじゃない?と思うほど長い!!! ゴンドラが高度を上げるにつれ、窓の外には息をのむような美しい世界が広がって行きます。

View this post on Instagram

yukimamire🇯🇵さん(@yukimamire)がシェアした投稿

そしてゴンドラ降り場に到着。

大学の卒業旅行で来て以来の再訪なのでこの景色を見るとあの時の記憶が蘇って来ます。

「あの岩から滑落したなぁ」とか「レストランでクラムチャウダーって単語が通じなかったなぁ」とか「朝一で山に上がったもののあまりの寒さに昼までレストランでゆっくりしてたなぁ」などなど。皆んな元気にしてるかなぁ。

卒業旅行の時になかった魅力的なもの

Cloudraker Skybridge 誰がこんな所に橋を作ろうと言い出したのか知りたいです。そして飲み屋でゆっくり話を聞いてみたい(笑)

Peak 2 Peak 全長4.4km。そのうち約3kmほどは支柱がなく、ケーブルだけで支えられているというゴンドラ界のキング!

そらギネスブックに載るわと納得するくらいスケールが大きかったです。 Peak 2 Peakのおかげで4歳でもこんな素敵な景色をみながら楽々散歩が可能。 いやぁ、これは本当にありがたい&嬉しかったです! いい思い出になりました。 一度はヘリコプターで遊覧飛行もしてみたいなぁ。 今度はWinterシーズンに家族皆んなで再訪できるようロト6を・・・いや、しっかりと働いて貯金しよっと。

その他のカナダ旅行記事はこちら http://asobi.style/?cat=26

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です