カナダ旅行食事編(アレルギー対応)2

機内食は「グルテンフリーミール」を選びました。

勝手な想像で日本からの出発だしパンの替わりにライスがついてくるのかな?と思っていましたが、配られてきた食事にはおかずの上にぱりんこの様な「おかき」が1袋…

「もしかしてコレ(おかき)…ご飯の代わり⁈」 びっくりでした。

そして朝ごはんは「バナナとブドウ」でした。 バナナが食べられない息子はブドウのみ…(涙) だったので帰りの便ではグルテンフリーパンを買って持ち込みました。

機内食は息子曰く、「飛行機のご飯、もっといっぱい出てくるんかと思った…」と残念な結果に終わりましたが、カナダでは美味しい物を沢山見つけて大喜びでした。 その1つが酒粕アイスクリーム(ノンアルコール) バンクーバーのグランビルアイランド日本酒を製造しているお店があります。

酒粕を使ったアイスクリームなのにノンアルコールなので子供も食べられます。でもちゃんと日本酒の味?風味?はあってとっても美味しい♡

フレーバーは3種類(レーズン、チョコ、ココナッツ…だったかな?)から選べます。私達は迷わずレーズンをチョイス!まるであっさりしたラムレーズンのようで美味しかった〜

息子に丸1つは多いので分けて食べようと思ったら2/3は食べられました。(悔涙)

そしてもう1つはビクトリアにあるベジレストランRebarのスムージー

果物だけ、果物と野菜のミックス、野菜だけの物があり、

それぞれに色々な組み合わせがあってとっても美味しいです。

ビクトリアのステイ先

ビクトリアのホストファミリーのお家はお庭で野菜や果物を栽培していて野菜はほぼ自給自足。

お庭からその日食べる分だけ収穫して採りたてをいただきます。

沢山とれるお野菜や果物はトマトは瓶詰め、ビーツはピクルス、イチゴ、ラズベリー、ブラックベリー、アプリコット、黄桃、洋梨などはジャムやシロップ漬けにしてストックしておいて1年中楽しまれています。そんな生活憧れです…

最後に、バンクーバーやウィスラー、ビクトリアでは色々な所に野生のハックルベリーやブラックベリーなどが自生しています。

それらを見つけては摘んで食べ…摘んで食べ…なかなか先に進めなくて困りました(苦笑)。でももちろん息子は大喜び!

今回の旅行では食に関しても息子にとっての「初めて」が沢山あり、良い刺激たっぷりな 思い出深いものとなったようです♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です