いざ、カナダへ!

それは

4才の子どもと一緒にカナダに行く!

果たして飛行機の中で10時間もじっとしていることができるのか・・・

関空までの交通手段

空港に行くときは、いつもなら迷わずリムジンバスで行くのですが、今回は2つの理由から「はるか」で行くことにしました。

  1. お盆期間中だったので高速道路の渋滞回避のため
  2. 突如ちびっこを襲う「おしっこ!」対策のため

京都始発のはるかだったので、出発の10分くらい前から入れたし、トイレの心配は全くない・・・ リムジンバスと比べたらちょっと高いですがはるかを選んで大正解でした! あとは楽しく関空を目指すのみ。 はるかの窓から見る夏の空。何気ない日常の1シーンですが、こういう瞬間が結構心に残ります。 隊長、人生初の国際空港。さすがにお盆の時期というだけあって、人が多い!!! チェックインを済ませ、荷物を預けるために並びに行くと「何じゃこの人の多さは!!!」と思うくらいの大行列・・・ やっぱり早めに関空に来ないとあかんなぁ。早く来て良かった〜と心の底から思えるくらい人が多かったです。 でもこのお方は、そんなことなどは一切構い無し。 しかも笑顔の10分後には、周りの人を笑顔にする状態に・・・ ね、寝てる・・・証拠の動画も貼っておきます(笑)

View this post on Instagram

手荷物預けの長蛇の列にイライラする人も多い中、この方は時間を有効に活用されていた。

yukimamire🇯🇵さん(@yukimamire)がシェアした投稿 –

教訓 抱っこで出国審査はかなり厳しいぞ、皆んな睡魔に負けないで。

エアカナダの機材

関空発着の機材はBー767で、エコノミークラス「ルージュ」の座席配列は2−3−2です。 通常の「ルージュ」はシートピッチが76cm、座席幅が44cmなので大きな人が座ると膝の前に拳が一つ入るかというレベル。正直に言ってあの間隔で10時間は厳しいです。 そこで片道1万円の追加料金をどど〜んと払って(実際にはカードの請求が来るのを恐れている状態)「ルージュ・プラス」に変更しちゃいました。シートピッチは89cm!小柄な我が家には十分なスペースでした。 ただ、リクライニングの角度はほんの少し(無いに等しいくらい)なのでご注意を! さらに、TVモニターはなく、手持ちのiPadやiPhoneでアプリ経由で映画や音楽を楽しむようになっています。時代は進んでるなぁとしみじみ感じた瞬間です。ちなみにiPadは$10でレンタル可能です。 ま、隊長にとってはどれも全く問題無いですが(笑) 初めての海外旅行だというのに準備力が高い隊長。 機内食は「グルテンフリー」の食事を事前に予約しておきました。 隊長曰く、「もっといっぱいまんま出てくると思った」とのこと。 子供は残酷なくらい正直です(笑) これからエアカナダルージュを利用される予定の方へのアドバイスとしては、

  1. ちょっとした食べ物
  2. 子供の暇つぶしグッズ

を忘れずに持ち込んだ方が良いです。 大好きなお絵かきを堪能したあとは リラックスタイム だんだんエスカレートしてきて フルフラットシートのおかげで熟睡できたようです。 そして定刻通りにバンクーバー空港に到着。 空港からダウンタウンまでは、スカイトレインでわずか25分。 運転手さんがいないのに動く列車に興味津々の隊長。普段は京津線LOVEな人ですが完全にハートを鷲掴みにされているようでした。 Waterfront駅からはシーバスに乗り換えていざノースバンクーバーへ向かいます! ロンズデールキーまで到着したところで待望の昼食タイム。 お腹ペコペコになっていた隊長は何と、カリフォルニアロールを3本ペロリと完食してました。おそろべし、強靭な胃袋の持ち主。もはや驚きよりも尊敬レベルです。 その後、タクシーで移動しようかと思っていたらきえこさんが迎えに来てくれることに! ありがとう、きえこさん! (続く・・・)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です