DJI OSMO POCKET

「カラフルな毎日を、楽しい映像で。」

しかも「4/12まで SPRING SALE MAX20%OFF」 

この文字が目に飛び込んできた次の日、我が家にNEW ITEMが届きました!

Osmo pocket

お待ちしておりました、Osmo Pocketさん。

元々、「ピンと来たらドンと行け!」をモットーにしてるくらいなのでいいなと思うものはすぐに買ってしまうタイプなんですが、以前にネットで見かけた「後悔しない買い物の心得」を知ってからはますますポチるスピードが早くなったように思います。

後悔しない買い物の心得

悩む理由が価格ならば、買え。
買う理由が価格なら、やめとけ。

これ、結構核心をついていると思いませんか?

箱の中に入っていたもの

  • Osmo Pocket本体
  • 電源ケーブル
  • スマートフォンアダプター(USB-C)
  • スマートフォンアダプター(Lightning)
  • カバー
  • ストラップ

SDカードは含まれていませんので購入される際はOSMOとSDカードをセットで購入することをオススメします。

Osmo Pocketを使うとどれほどブレずに撮影できるのか?上賀茂神社で突如始まったかけっこの動画を見ていただいたらよく分かると思います。

結構走ったんですが、ブレも少なく撮れていると思いませんか?購入して損はないと思います。

初代OsmoとOsmo Pocketの外観比較

初代Osmoと比べるとこんなに小さくなりました!

DJI Osmo とOsmo pocket

初代Osmoが発売された時、こんなに小さいのに何でこんなにブレずに撮れるの???とびっくりしたのですが、今こうして比べてみるとギターケース並みに大きく感じるのは気のせいでしょうか・・・

オススメのアクセサリー その1

Osmo Pocketにスマホを接続してモニター代わりにする場合、スマートフォンアダプターだけで全ての重さを支えることになります。

いくらOsmo Pocketの本体重量が軽いとはいえ、あの小さい部品一つだけで支えるのはちょっと不安・・・

そんな時に買っておくと良いのがこちら↓

DJI Osmo Pocket用ブラケット

Osmo PocketとiPhoneをしっかり固定してくれるので接続部分の端子が壊れたらどうしよう?という不安から開放されます!

ミニ三脚もついてて安定感も抜群!

オススメのアクセサリー その2

Osmo Pocket Controller Wheel

このようにセットして左側の銀色の丸いダイヤルを動かせばパンとチルトがコントロールできます。

子供を追い録りする時には少しでも縦揺れを減らすためにOsmoを水平にして使うのですが、そんな時、このコントローラーがあれば一瞬で調整できるので超便利です!

買っておいて損はしない、そんなアクセサリーの一つです。

オススメのアクセサリー その3

Osmo Pocket Controller Wheelを買って困ることが一つあります。

それは装着したままだと純正のケースに収納ができなくなること。こんな感じで引っかかってしまうんです。

そこで購入したのがこちら↓

Osmo pocket simple portable box

ご覧の通り、ハードケースが本体を見事に包み込んでくれています。

サイズも純正とほぼ同じ。衝撃から本体をしっかりと守ってくれそうな予感です♪

<番外編>初代OsmoとOsmo Pocketの性能比較

初代OsmoOsmo Pocket
センサー1/2.3インチ CMOS
有効画素数12.4M
1/2.3インチ CMOS
有効画素数:12M
レンズ20mm相当(35mm判換算)F2.8
視野角:94°
26mm相当(35mm判換算)F2.0
視野角:80°
ISO感度写真:100〜1600
動画:100〜3200
写真:100 ~ 3200
動画:100 ~ 3200
電子シャッター速度1/8000 〜 8秒1/8000 〜 8秒
最大静止画サイズ4000 x 3000 ピクセル4000×3000 ピクセル
静止画モードシングルショット
連続撮影モード: 3/5/7 枚
オート露出ブラケット (AEB):
0.7EVステップでの3/5枚
インターバル撮影
自動パノラマ
自撮りパノラマ
シングルショット
パノラマ
タイムラプス
モーションラプス
ハイパーラプス
動画解像度DCI4K(4096×2160) 24/25p
UHD4K(3840×2160) 24/25/30p
2.7K(2704 x 1520) 24/25/30p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD: 1280x720p 24/25/30/48/50/60p
4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
動画 最大ビットレート60 Mbps100 Mbps
対応 SD カードMicro SD 最大容量: 64GB、クラス 10 または UHS-1MicroSD最大容量:256 GB

流石にサイズはかなり小さくなりましたが、初代Osmoの性能をみると結構頑張っていると思いませんか?

Osmoが発売されると言うニュースを見た時、価格、サイズ、性能のどれをとっても本当に信じられなかったくらいインパクトがあったのを今でもはっきりと覚えています。

自分の手元にOsmoが届いてからは楽しくて楽しくていろんな使い方を試して見ました。

もう販売されていない初代Osmoで撮影した懐かしのシリーズです。

Osmoと歩く京のまち

Osmo Pocketを使って続編を4Kで制作しようかな?

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です