大人も夢中♪南紀白浜アドベンチャーワールド!

アドベンチャーワールド

子どもの頃、親に連れて行ってもらった南紀白浜アドベンチャーワールド
オープン40周年を迎え、より一層魅力的になっています!

ゲート付近に立つと聞こえてくるテーマソング、Shine on you 、Always together 、Thank You All・・・

これを聞くとなぜかワクワク、ソワソワ。テンションが上がってきます!
完全に子どもよりも大人のためのアドベンチャーワールドになってました(笑)

うちの隊長は、アドベンチャーワールド訪問時には必ずこのパンダポシェットを持参し、ゲートをくぐった瞬間に園内マップをチェックしだします。(分かっているのかどうか・・・はあえて聞かないようにしています。)

南紀白浜アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールドと言えば、まずはパンダ!
上野動物園のパンダのニュースを見るたび、皆んな白浜に見に来ればいいのにっていつも思ってました。だって、いつ行っても可愛いパンダが見放題なんですよ!

アドベンチャーワールド

続いては、マリンライブ「Smiles」 何度見ても完成度の高さとトレーナーとイルカやクジラたちとの信頼関係の良さがビシビシ伝わってきます。

フリスビーを投げたら、水中から飛び出してキャッチしたり、

優雅に泳いだり、

高いところまで持ち上げたり、

ダンスを楽しんだり・・・ 驚きと感動、トレーナーとイルカたちの絆の深さを感じて、毎回涙目になってしまいます。

今回の旅のメインテーマ

動物たちに「餌をあげる!」このためだけに行ったと言っても過言ではありません。 パンフレットやHPには「フィーディング」とかっこ良く記載されていますが、我が家の隊長曰く、「まんまあげる」らしいです。

餌の販売場所に向かって全速力で走る隊長。
パンダポシェットの紐を短くし、園内マップを抱えて全力で走っていく後ろ姿にはアドベンチャーワールドへの愛が感じられます(笑)

餌は1つ500円で、午後1時から30分間のみ発売されています。 その餌を買って、園内に点在する動物たちのもとへと急ぎます。

ケニア号

ケニア号に乗ると、餌やり体験ができないので、今回は歩いて巡ります。 そして最初の餌あげポイントは「アフリカ象」

長〜いお花がバナナを求めて伸びてきます。

実は、象の鼻って、地面に落ちているピーナッツ一粒を拾うことができるくらい器用に動くって知ってました?

あの大きさでピーナッツ一粒?って思うんですが、本当らしいです。 ちなみ、この時、バナナと一緒に手もむにゅっとつままれたらしいです。

象さん、いい思い出をありがとう♪

象さんで餌やりに自信を持ったようで、次々と積極的に餌を与えていく隊長。

アドベンチャーワールドキリン

キリンには手が届かないのでお母さんに抱っこされての餌やり体験。キリンの舌って長くて、ねずみ色で、ザラザラしてるそうです。(これも隊長談)

マレーバクにはオレンジをプレゼント!

サイには口の中めがけて草の塊をプレゼント。サイの口って体に似合わず小さいのでびっくりしました!

続いてカンガルー

そしてカバ!残念ながら届きませんでした。 しばらくボールを投げる練習をして、またリベンジするそうです。

さらに園内を歩いているアヒルにも餌をあげようとそ〜っと接近していきますが

完全に逃げられました。

その他には、浮かんでいるイルカを間近で見て癒されたり、

ホッキョクグマの食事タイムでは、水の中にダイビングして餌を豪快に食べるシーンを見ることができました。

続いてペンギンアカデミーに参加。ペンギンに関する雑学のお話を聞いていると、目の前をペンギンが歩いて行きます。

最後には希望者全員がペンギンの背中を触らせてもらえました。

感触を例えるなら「電車のシート」です。

さぁ、みなさん、明日の朝は、通勤時に皆んなでこっそりシートを触ってみませんか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です