杜のテラスを満喫するために大切なこと。

オープン当初から大好きで何度も通っているキャンプ場、杜のテラスをとことん満喫するために大切なこととは・・・

事前にしっかりとキャンプ場のことを調べて行くことです!

公式サイトのキャンプ場の説明文に

ふだんの喧騒からちょっと離れて、「大人のあそび」の時間・空間を楽しむところ。 自分と静かに向き合ったり、大切な誰かとゆっくり語り合ったりする場所。 それが、「杜のテラス」です。

と言う一節があります。

そうなんです。ここには、子どもたちがはしゃぎ回るスペースはありませんし、水遊びができる小川もありません。

でもここには木々の中で思い思いに過ごせる素敵な空間と時間があるんです!

それって最高に贅沢だと思いませんか? なので自分たちのキャンプスタイルが杜のテラスの方針に合っているのか? 合っていないのか? まずはそこを確認しておくことが杜のテラスを満喫する上で一番大切なことなんです。 ちなみに以下のような説明も書かれていますのでご参考まで。

※お子さまたちが元気に走り回る「ファミリー向けのキャンプ場」とはまったく違うコンセプトのキャンプ場です。 ※また、大人数で賑やかにグルキャンを楽しみたい方々にもご遠慮いただいています。 ※午後10時以降はお静かに願います。ミュージックプレーヤーの使用は終日禁止です。 ※場内共用部分およびサイト内も禁煙です。お煙草は炊事棟ウラの喫煙コーナーをご利用ください。 ※ルールを守れない、およびマナーの悪い利用者には即時退出いただきますので予めご了承願います。 もちろん今後のご利用も固くお断り申し上げます。

キャンプ場の場所

京都東ICから新名神を使えばわずか1時間!めちゃくちゃ便利になりました。川西ICを降りてからは173号線を玉泉寺を目指して進んでください。到着直前、最後に右折するところが分かりにくいので「マス釣り場」と「Forest(休業中)」という看板を見逃さないよう注意してくださいね。

杜のテラスの良いところ

  • に囲まれた感満載のサイト
  • 隣のサイトとの適度な距離感
  • トイレや炊事場がキレイ
  • 炊事場のお湯は無料
  • 大人の遊び場というだけあって静かで落ち着いている!
  • アクセスの良さ(大阪、京都から1時間)
  • 1泊で滞在できる時間が24時間!(キャンプの場合、チェックイン12:00、チェックアウト翌12:00)

この森の雰囲気が大好きで通い続けているファンも多いはず! そしてこの絶妙な距離感。お隣さんが近すぎるとお互いが気を使いますからね。 炊事場です。こんなにおしゃれで開放的な炊事場って他にはあまりないです。 ちなみに夜はこんな感じ。 トイレもこのとおり! トイレが心配でアウトドアはちょっと・・・という人でも安心です! さらに地味〜に嬉しいのが洗い物をするときにお湯が無料で使えること。 キャンプの料理ってどうしても焼き物や炒め物が多くなるのでお湯が使えると油汚れの落ちが全然違います!本当にありがたいサービスです。

杜のテラスのちょっとだけ気になるところ

  • シャワー、お風呂の設備なし(でも近くに能勢温泉あり)
  • 炊事場とトイレが1箇所のみ(管理棟のトイレを含めると2箇所)
  • 良くも悪くもサイト内に小石が多い。(インフレーターやコットが必須)
  • キャンプ場の近くに野球のグランドがあるのでサイトの位置によっては日中、野球少年の元気な声が良く聞こえるところがあります。

自然の中で不自由さを楽しむ!工夫をして過ごす!のがキャンプの醍醐味なのでどれも全く問題ないレベルのお話です。でも、初めて杜のテラスに行く方に少しでもイメージが伝わればと思い記載しました。 気になるところを踏まえて総合的に判断しても、杜のテラスかなり満足度が高いキャンプ場ですのでご安心ください。←キャンプ場の回し者でもなんでもないですが(笑)

予約する際に知っておきたいポイント!

※サイトマップは公式HPからの引用です。

  1. サイトの大きさ、形がまちまちなので大きなテント(例えばランドロックなど)を利用される際はサイトによって入りきらない場合があります。事前に確認しておいてください。
  2. 車をサイトに横付けできないところがあります。(でもすぐ近くに停められます)
  3. サイトには小石が多いです。
  4. 電源が付いていないサイトが一部あります。
  5. 外周に近いサイトは外の道路から良く見えるところがあります。

サイトの小石について


サイトには小石が多いので水はけは良いものの、寝心地をよくするためにもインフレーターマットやコットなどの準備が必要です。

テントを張ってその上に寝袋を直で敷いて寝ると・・・めちゃくちゃ痛いです。
そこで我が家ではこれを愛用しています。

本当はコットが欲しいのですが流石に高すぎて手が出せません(笑)

 ちなみにテントを買った際に付属で付いているジュラルミンのペグだと刺さりにくいところも多いので注意が必要です。

電源付きサイト


オプションで1,000円必要ですが電源を使用することができます。 今回泊まった日は台風の影響でかなり暑かったので扇風機が役立ちました!(一部電源が使えないサイトがありますので予約される際には必ず確認をお願いしますね。)
延長コードですが、10mのものを一つ用意しておけば大丈夫だと思います。

今回泊まったのは26番サイト


26番サイトにリビングシェルロングプロを張りました。この幕はメッシュ部分が多く、温度調整がしやすく、中も広いのでオススメです。

テントを設営した後はバッタを探したり、

ボードゲームで遊んだり、のんびりと幸せタイムを満喫させてもらいました。このゆっくりとした時間の流れがキャンプの魅力なんですよね。やめられません。

能勢温泉

今回はご飯前に能勢温泉の日帰り温泉を使わせてもらいました。(キャンプ場からは車で2〜3分で到着します。)

露天風呂もあり、汗を綺麗さっぱり流した後はやっぱり気持ちいい!

キャンプ場に戻って美味しいご飯を食べて

焚き火を眺めながら素敵な時間を過ごさせてもらいました。秋キャンプも行きたいなぁ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です