4月27日は「世界バクの日」

世界バクの日とは

4月27日にバクの生態や絶滅の危機に瀕している現状を広く知ってもらうことを目的に制定されたそう。 京都市動物園では飼育員さんによるバクの説明と健康診断の様子を見せてもらえるとのこと。 バクのミノリちゃんのファン(特にあのプルプルと動く鼻がたまりません)としてはこれは見逃せません。 バクって人に懐くんや!と驚いた直後、さらに驚く展開に・・・ 飼育員さん曰く「ミノリはブラッシングが大好きなのでブラシを入れて気持ちよくなるとゴロンと転がります。その時に獣医さんが採血を行います。バクも注射は痛いけどブラッシングの気持ち良さで注射の痛さを我慢できる。」とのこと。 ほんと?そんなことできる?と思った次の瞬間 ミノリが座った!!! うわっ、ミノリがゴロンとした!獣医さん来て採血始まった! 飼育員さん「しばらくしたら反対側もブラッシングしてと体の向きを変えて催促してきます。」 反対向いた!! しかも体重210kg前後!!! すごい飼育員さんと動物の信頼関係、そして飼育員さんと獣医さんのチームワークに感動しました。]]>

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です